日常生活

たまご・梱包日表示方法・Julian Date

Pack Date (Julian Date) 表示方法とは?

実は、アメリカのスーパーで売られている卵には、「梱包日」が刻印されています。消費期限」は慣れ親しんだ日付表示のためすぐにわかります。逆に、「梱包日」は、消費期限の刻印に近くに特別な(Julian Date)方式で表示されおり、分かりにくいと思います。

Julian Date」は、1月1日を「001」、1月2日を「002」…12月31日を「365と表示する方法。

日・月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
1日 001 032 060 091 121 152 182 213
2日 002 033 061 092 122 153 183 214
3日 003 034 062 093 123 154 184 215
4日 004 035 063 094 124 155 185 216
5日 005 036 064 095 125 156 186 217
6日 006 037 065 096 126 157 187 218
7日 007 038 066 097 127 158 188 219
8日 008 039 067 098 128 159 189 220

必ずしも「梱包日=採卵日」というわけではありません。

供給者の都合で(採卵から)梱包までに日がたつ場合もあります。ですから、アメリカの市場で売られている卵の鮮度については消費者がリスクを負います。

アメリカ市場で通常売られている卵は「生食」を前提としていないため、「消費期限」が日本に比べて2~4週間ほど長く設定されていますので注意が必要です。

【期間限定】超新鮮卵を入手したい方はこちら

この記事についてご指摘・ご質問がございましたらこちらまでご連絡ください。記事が気に入ったら、ぜひお友達とシェアしてください!